浜松のデザイン会社、エンジェルデザインです。集客と増益につなげる広告戦略とデザインはエンジェルデザインにお任せください。

撮影

様々なケースにプロの技術とセンスが光ります

当社では撮影業務をお受けしております。当社専属のプロカメラマンをはじめ、さまざまなニーズに合わせて撮影ができるスタッフが、日夜各種メディアに使用するスチル画像を撮影しています。

メディアのイメージを大きく左右する要素

各メディアを構成する要素は様々なものがありますが、特に大きな要素としてあげられるものの一つが画像です。近年デジカメが普及し、その場で写り具合も確認できるため、一般の方も手軽に撮影をされています。それでもこの世の中にプロカメラマンが存在し続ける理由は何でしょうか。やはり、撮影も突き詰めれば素人にはとうていまねし得ない奥の深さがあるからでしょう。
当社では、プロカメラマンと専属契約を結んでいるほか、昔からカメラ好きだったスタッフたちがコピーライターとして多くの現場で取材から撮影までこなしてきていますので、撮影技術の面ではクライアント様や広告代理店様、同業他社様からもかなり高い定評をいただいております。
特に物販サイトや商品カタログの場合などは、写真の善し悪しが大きな問題です。そういうときこそ、安心して当社にお任せください。

プロの技術にお任せください

エンジェルデザインの制作物を高く評価いただいている理由のひとつに「写真がきれいだ」というお声をいただいております。
それは、第一に必要な部分では必ずプロカメラマンに撮影を依頼していることでしょう。どんなにカメラが高性能になっても、プロの技術は凌駕できません。やはりここ一番の撮影にはプロの力が必要なのです。次に考えられるのは、スタッフ自身もプロカメラマンに準じた撮影技術を習得するよう日々研鑽に努めていることが考えられるでしょう。もちろん、スタッフは全員が自分の一眼レフを所有しており、日夜持ち歩いては様々なものを撮影しております(その作品の内のいくつかを無料素材集として当サイトで配布しておりますので是非ともご覧・ご利用ください)。そして、プロに準じた技術を身につけようと日々努力しているスタッフの目からしても、やはりプロの技術は凌駕できない、と感じるのです。これは実感です。

制作ごとの撮影をおすすめします

欲を言えば、制作するメディアごとに撮影を行うことをおすすめします。先日も新聞の折り込み広告に会社案内パンフレット撮影等で使用された画像を使い回しているケースがありました。形的には用が足りているのですが、ポップな仕上がりのチラシの中でこの部分だけが妙に堅苦しく違和感が残っていました。使用目的が違うのだから無理もありません。さらに、画像の中に時間経過を感じさせるものが少しでも写っていると、余計に違和感が増殖されます(たとえば人物が写っているとその人の服装や髪型、化粧などで、車や家電製品などが写っていればその型やデザインなどで古くささが出てしまうことがよくあるのです)。